easyMarkets(イージーマーケッツ) プラットフォームの紹介

easyMarkets

皆さん、楽しくトレードされていますでしょうか?

 

暗号通貨に関しては、大変大きな下落によって、大きな利益を得た人と損失を被った人で分かれていると思います。

 

 

 

easyMarkets(イージーマーケッツ)では、トレードを行う際に使用出来るものとして、3種類のプラットフォームが用意されています。

 

今回はこの3種類のプラットフォームについて簡単にご紹介いたします。

 

それぞれ仕様が異なりますので、場合によって使い分けることを推奨いたします。

 

プラットフォーム1:WEBプラットフォーム

Webプラットフォームとは、easyMarkets(イージーマーケッツ)に公式サイトからログインすると使うことの出来る取引ツールとなります。

 

ブラウザ上で利用が出来るプラットフォームとなります。

後述するMeta Traderと同じく、一画面上でチャートを表示しつつトレードが出来るようになります。

その他、後述するMeta Traderでは使用出来ない、easyMarkets(イージーマーケッツ)の独自の様々な機能を使える点も魅力的です。

 

 

 

プラットフォーム2:スマホ専用アプリケーション

 

Android版のiOS版の2つが配信されているスマートフォン専用アプリケーションです。

 

若干ブラウザ版より見た目が違いますが、使える機能はほぼブラウザ版と一緒であるため、気軽にeasyMarkets(イージーマーケッツ)独自の機能が使えることもあり人気となっております。

 

 

プラットフォーム3:MetaTrader 4

 

MetaQuotes Software(メタクオーツソフトウェア)社が開発した皆さんお馴染みのMeta Trader 4となります。

 

ほぼ全ての海外FXブローカーで採用されているMeta Traderのバージョン4となります。

 

上で説明したプラットフォーム1とプラットフォーム2と比べると、まず、使い方にかなりの応用が可能です。

有料・無料を含めて様々なインジケータ・オシレータがインターネット上に公開されており、それらを自由に組み合わせることによりトレードの補助が無限に可能となっております。

 

その他、自動売買などにも使われるEAなども利用可能であり、汎用性が高いプラットフォームであるといえるでしょう。

 

easyMarkests(イージーマーケッツ)独自の機能について

 

easyMarkets(イージーマーケッツ)独自の機能が使えるプラットフォームは、ブラウザ版とスマートフォン専用アプリのみとなっております。

 

 

機能名称 ブラウザ版 スマートフォン専用アプリ Meta Trader 4
easyTrade 対応 対応 対応していません
デイトレード 対応 対応 対応していません
先日付指値注文 対応 対応 対応していません
DealCanselation 対応 対応 対応していません
インサイドビューワー 対応 対応 対応していません

 

 

次回以降でeasyMarkets(イージーマーケッツ)の独自機能についてご紹介はしますが、今回は簡単に内容のご紹介をいたします。

easyTrade

公式サイトからの抜粋となります。

 

 

リスクは明らかで限定され、マージンも無く、スプレッドもゼロです。

easyMarketsの最も革新的な取引方法です。

・最大リスクが既知
・取引時間を設定でき、上下を決定できます。
・スプレッドがゼロで、マージン要件がありません。

デイトレード

公式サイトからの抜粋となります。

easyMarketsのシンプルながらも強力なチケット。

・少額の手数料で1時間、3時間、6時間の期間で損失の出た取引を取り消すことができます dealCancellation**
・無料のストップロス自動設定機能があればリスク許容量を超えることはありません
・150以上の市場から選択できます

先日付指値注文

公式サイトからの抜粋となります。

更なる柔軟性とコントロール。

取引したい価格と日付を設定できます
トレーディングを簡略化しましょう。指値に到達したら自動的にポジションが発生します。

dealCancelation

公式サイトからの抜粋となります。

この革新的なツールであなたの取引に保険が掛けられます。少額の手数料を支払うことで、1時間、3時間、6時間の期間でdealCancellationによって取引を取り消すことができます

インサイドビューワー

公式サイトからの抜粋です。

 

 

easyMarketsはこの価値ある市場心理ツールを導入した最初のブローカーの内の1つです。自分が取引している商品の投資家の売りと買いの割合を見てみましょう。市場が更に良く見えるようになります。

easyMarkets(イージーマーケッツ) プラットフォームの紹介のまとめ

 

easyMarkets(イージーマーケッツ)でトレードで使用出来るプラットフォームの紹介をしてきました。

 

easyMarkets(イージーマーケッツ)では、大きくわけて2つのプラットフォームがあります。

  1. ブラウザ版・スマートフォン専用アプリ版
  2. Meta Trader 4

 

そして、easymarkets(イージーマーケッツ)でのみ使用出来る、トレードの質を飛躍的に上昇させる独自機能が使えるのは、ブラウザ版・スマートフォン専用アプリ版のプラットフォームのみということになります。

 

ただし、前回の記事に記載させて頂きましたとおり、ブラウザ版・スマートフォン専用アプリ版と、Meta Trader 4では、レバレッジやスプレッドに差があります。

 

特に為替については、Meta Trader 4については最大レバレッジが400倍に対して、ブラウザ版・スマートフォン専用アプリ版では、最大レバレッジ200倍と半分程度しかありません。

 

前回の記事はこちら

どちらのプラットフォームがお得なのかはご自身のトレードスタイルによると思います。

 

どちらも利用してみて、どちらの方が自分に合っているか?をしっかり確認をして、トレードをすることそご推奨いたします。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました