Exness(エクスネス) [第1回] カジノのベット法をFXに![基礎知識編]

Exness

Exness(エクスネス) [第1回] カジノのベット法をFXに![基礎知識編]

 

はじめに

カジノでは様々なベット方法が存在します。

それらは世界中のプロギャンブラー達が考えた方法であり、バカラやブラックジャックなど様々なカジノゲームの中で用いられてきました。

 

これらのカジノのベット方法をFXに転用し、勝率を100%に近づけて行く方法をご紹介します。

 

なお、カジノのベット法をFXで使用する場合には、出来る限りスプレッドは狭くなくては成り立ちません。

その為、本サイトでは無制限レバレッジもあり、スプレッドもほとんどの銘柄が0であるExness(エクスネス)を推奨いたします。

 

口座タイプによっては、手数料もかかりますので、利益確定を行う場合はそのあたりも注意していけば、手数料負けということもしないでしょう。

 

なお、スプレッドが広い他の海外FXブローカーでも同様のことが出来ますが、スプレッドが広い分、トレーダー側に不利な状況になりますのでご注意ください。

 

Exnessの口座開設はこちら

 

バカラの簡単なご紹介

カジノのブラックジャックやバカラ、ルーレットなどは、ベットした金額、勝利した場合の金額、敗北した場合の金額などが全て固定されており、ベットの仕方によって自分で操作をすることが可能です。

 

例えばバカラの場合、プレイヤーとバンカーとタイ(引き分け)があります。

 

プレイヤーに掛けてプレイヤーが勝利した場合は、ベット額の2倍の勝利金を獲得。

バンカーに掛けてバンカーが勝利した場合は、ベット額の2倍の勝利金を獲得。

 

反対に、

プレイヤーに掛けてバンカーが勝利した場合は、ベット額が没収。

バンカーに掛けてプレイヤーが勝利した場合は、ベット額が没収。

 

そして、タイ(引き分け)の場合はベット額が戻ってきます。

 

他にもブラックジャックやルーレットの場合、掛け方によっては2倍の勝利金より多い、3倍、4倍などなど様々な掛け方が存在します。

 

つまり、カジノのテーブルゲームの場合、

・ベット額は自分で決めることが可能

・勝利金額、損失金額は掛け方によって違う

となります。

 

FXにカジノのベット法を適用する場合はこれに注意

FXにカジノのベット法を応用する場合、

・ベット額=ポジションのロット数

・勝利金額=利益を確定するpips

・損失金額=損失を確定するpips

 

と置き換えることにより、カジノのベット法をFXに応用することが可能となります。

 

ただし、FXの場合はベット額も利益・損失を確定するpipsも自分で決めることが出来ます。

その為、

ロット数を毎回調整して、利益・損失pipsを毎回調整を行えば、様々な相場に対応させることが可能です。

 

そこで問題となるのが、FXブローカーで採用されている手数料とスプレッドの存在です。

スプレッドが広い場合、損失・勝利までの幅が狭くなるということにより、トレーダー側に不利な状況になります。

更に、ポジションを取るごとに大きい手数料を取られた場合、その部分も加味したpipsを計算しなければならず、難しいです。

 

その為、本サイトでExness(エクスネス)を推奨いたします。

 

Exness(エクスネス)の場合、ほとんどの銘柄のスプレッドが0の口座、手数料がかからない口座など様々な口座タイプが存在します。

 

自分のベット法に合わせて、どの口座タイプが適当かを検討することが良いでしょう。

 

Exnessの口座開設はこちら

 

勝利時に証拠金を2倍にする例

証拠金が1万円あるとします。

 

これをUSDJPYを1ドル100円のときにロングでエントリーします。

 

パターン1:ロット数を1ロットして、利益・損失pipsを10pipsにする

1ドル100円で1ロット(10万通貨)で買いでエントリーします。

利益が2倍になるのは、1ドル100.1円の時ですので、TPを100.1円に設定します。

1ドル100.1円になりましたら利益が確定しますので、証拠金が2倍になります。

 

パターン2:ロット数を0.5ロットにして、利益・損失pipsを20pipsにする

1ドル100円で0.5ロット(5万通貨)で買いでエントリーします。

利益が2倍になるのは、1ドル100.2円の時ですので、TPを100.2円に設定します。

1ドル100.2円になりましたら利益が確定しますので、証拠金が2倍になります。

 

 

どちらも利益確定時の証拠金は2倍になりますが、ロット数と利益確定の設定pipsが異なります。

 

つまり、ロット数に応じて、利益・損失の確定pipsを変動させることにより、様々なカジノのベット法を再現出来るようにするのです。

 

 

勝利時に証拠金を3倍にする例

それでは、勝利した場合に3倍の利益を得るカジノのベット法もありますので、3倍の例もご紹介いたします。

 

パターン1:ロット数を1ロットして、利益・損失pipsを20pipsにする

1ドル100円で1ロット(10万通貨)で買いでエントリーします。

利益が2倍になるのは、1ドル100.2円の時ですので、TPを100.2円に設定します。

1ドル100.2円になりましたら利益が確定しますので、証拠金が3倍になります。

 

パターン2:ロット数を0.5ロットにして、利益・損失pipsを20pipsにする

1ドル100円で0.5ロット(5万通貨)で買いでエントリーします。

利益が2倍になるのは、1ドル100.4円の時ですので、TPを100.4円に設定します。

1ドル100.4円になりましたら利益が確定しますので、証拠金が倍になります。

 

おわかりいただけましたでしょうか?

 

つまり、どんなパターンのベット法でも、これらの方法を用いることにより再現可能ということになります。

Exnessの口座開設はこちら

まとめ

カジノのベット法を元にFXを運用していくにあたっての基礎知識編をご紹介いたしました。

 

今回の記事のことを念頭に置くことにより、様々なベット法を利用することが可能になります。

 

今後はカジノのベット法をご紹介しつつ、それらを用いたFXトレードの紹介をして利益を積み重ねていきます。

 

 

カジノのベット法は、世界のプロカジノプレーヤーが開発し、今でもたくさんの人々が運用をしている手法です。

 

FXでもこのやり方を行うことにより、ギャンブルトレードよりかなり堅実的なトレードが出来るようになることでしょう。

 

是非今後の記事にご期待ください。

Exnessの口座開設はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました