Exness(エクスネス) ストップレベルが0に!全てにおいて最強レベルに進化しました!

Exness

Exness(エクスネス) ストップレベルが0に!全てにおいて最強レベルに進化しました!

 

はじめに

皆さん、とうとうExness(エクスネス)が最強の進化を遂げました。

 

なんとExness(エクスネス)ではストップレベルをほとんどの銘柄でストップレベル0に設定した模様です。

 

これがどれほど素晴らしいことなのか、わかりにくいかもしれません。

実は長期でポジションを持つトレーダーより、短時間軸での取引をこまめに行うスキャルピングを行うトレーダーには奇跡と言える改善なのです。

 

それでは実際にご紹介をしていきましょう。

 

Exnessの口座開設はこちら

ストップレベルとは

 

ストップレベルとは、新しくエントリーをするときや、エントリー済みのポジションに対して、損切りや利確などの設定を行うときに、その価格を入れる際に影響してくるものです。

 

例えば、以前までは、XAUUSDを例にすると、

 

1700.000ドルで売りのエントリーをした場合、Stop Lossをおける位置が、1700.650が最低条件でした。反対にTake Profitをおける位置は、1699.350が最低条件でした。

 

(変更前)

銘柄名:XAUUSD

Entry:1700.000 売り

Stop Loss:1700.650

Take Profit:1699.350

 

 

これは、他の海外FXブローカーよりも狭いとは言えます。

しかし、これを更にExness(エクスネス)は狭くしてきたのです。

 

新しいXAUUSDのストップレベルは0です。

 

つまり、

 

(変更後)

銘柄名:XAUUSD

Entry:1700.000 売り

Stop Loss:1700.001

Take Profit:1699.999

 

とここまで狭くすることが可能なのです。

 

ストップレベル0ですので、もちろんエントリー後に順行、逆行した後にTPとSLの設定を変更すれば、ちゃんと同値での設定も可能です。

 

Exnessの口座開設はこちら

 

 

ストップレベルが0を活かしたトレード術のご紹介

では実際にストップレベルが0になったので、その戦術をご紹介しましょう。

 

これは例ですので、全く同じようにエントリーしてしまうと、思わぬ損失を被る場合もありますので、ご自身の手法と組み合わせてエントリーをするようにしましょう。

 

1. スキャルピングが一番良し!

まず、ストップレベル0の良さを体感出来るのは短時間軸でのスキャルピングになります。

ご自身の手法が長時間軸の場合、少し時間軸を落としてみましょう。

時間軸を落とすことにより、もちろん騙しなども発生する為、損切りなどが増えるかもしれませんが、その分ストップレベル0の為、損切り時のSLの設定値を狭く出来る為、損失を出来る限り抑えることが可能となります。

 

2. 利益が少しでも出たら、即同値にSLを設定!

これが最重要です。

利益が少しでも出たら、即同値にSLを設定します。

これは、極端な話、1円でも利益が出た時点でSLを設定すれば、例えSLに掛かった場合でも、損失は0円になります。

つまり、1円でもプラスになった時点で、100%負けることはなくなるのです。

 

3. 無制限レバレッジを最大限活かそう!

Exness(エクスネス)では、無制限レバレッジという最強の機能があります。

これは、口座の残高が10万円までは最大レバレッジが無制限になるというものです。

 

少ない証拠金で大きなロットでエントリーをして、そして利益が出たら即SLを設定する。

 

損失の許容金額も制限でき、利益自体もかなり大きく取ることの出来る方法となっています。

 

ただし、この方法はExness(エクスネス)側からすればあまり良しとしていない方法となっています。

でも、無制限レバレッジの本当の使い方はこういう方法だと思います。。。

 

まとめ

Exness(エクスネス)で取り扱っているほとんとの銘柄がストップレベル0になったことをご紹介しました。

 

これでExness(エクスネス)は海外FXブローカーの中でも最強の名を手に入れたと言っても過言ではないでしょう。

 

Exness(エクスネス)の魅力

・無制限レバレッジ

・ストップアウト0(維持率0%まで耐えられる)

・ストップレベル0

 

あとは、ボーナスなどがExness(エクスネス)から付与されるようになれば、もう敵なしと言えるのではないでしょうか・・・・

 

今後のExness(エクスネス)に期待いたします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました