天才相場師が考えたテクニカル分析「酒田五法」の三空・三兵・三法

easyMarkets

「酒田五法」のローソク足パターンは全部で5つあります。

 

「酒田五法」の三山(さんざん)と三川(さんせん)の2つについての記事はこちらです。

残り3つのローソク足パターンについて早速ご紹介していきます。

酒田五法「三空(さんくう)」

三空(さんくう)とは、上昇トレンドまたは下降トレンドの状況で、「窓(空)が3回(または陰線)が続いて出現」した状態のことを表します。

相場の状況が上昇・下降している点は三兵(さんぺい)と一緒ですが、上昇や下降が違います。

 

三兵(さんぺい)のように上に窓(空)や下に窓(空)が開いた状況から、ローソク足が始まる部分が重要であり、三兵(さんぺい)とは真逆のローソク足のパターンとなります。

 

三空踏み上げ(さんくうふみあげ)

上昇トレンド中の局面で窓(空)が3回連続で現れた場合のローソク足のパターンのことを表します。

相場の状況が高値付近を警戒していると判断され、天井付近を判断出来るサインとされており、売りサインであるといえます。

 

「三空踏み上げには売り向かえ」という格言もあるくらい、このようなローソク足パターンが出現した場合には、相場が転換して売られる可能性が非常に高いとされています。

 

三空叩き込み(さんくうたたきこみ)

窓(空)を開けた陰線が3回続けて現れたローソク足のパターンのことです。
相場の状況が安値付近を警戒していると判断され、底値付近を判断出来るサインとされており、買いサインであるといえます。

「三空叩き込みには買い向かえ」という格言もあるくらい、このようなローソク足パターンが出現した場合には、相場が転換して買われる可能性が非常に高いとされています。

 

この三空については、あまり通貨では現れることがありません。

株価などで現れることが多いローソク足パターンとなります。

 

この三空を用いたローソク足パターンでトレードを行いたい場合は、以下の海外FXブローカーがオススメでしょう。

 

 

Exness(エクスネス)の場合、たくさんの株式銘柄が用意されています。

それらの銘柄を監視していると同様のローソク足パターンが表示されることもありますので、チャンスでしょう。

Exnessの口座開設はこちら

 

 

酒田五法「三兵(さんぺい)」

三兵(さんぺい)も三川(さんせん)と同じく、3本のローソク足から今後の相場の行き先を分析するテクニカル指標となります。

 

ローソク足3本分の陽線、もしくは陰線が、連続して上昇、もしくは下降に続いている形を表します。
陽線なら3本連続で終値が前のローソク足の終値を上回った状態であり、陰線なら逆に下回った状態のことをいいます。

 

このように、三兵(さんぺい)はチャートを見た際にも非常にわかりやすいローソク足パターンといえるでしょう。

 

赤三兵(あかさんぺい)

ローソク足が3本続けて、前のローソク足の高値を上回ったローソク足パターンのことをいい、買いサインを表します。

底値付近でこのローソク足パターンが現れた場合には、上昇トレンドへの転換を表しているといえます。

赤三線先づまり(あかさんせんさきづまり)

ローソク足の1本目が大陽線、ローソク足の2本目と3本目の勢いが弱くなるローソク足パターンのことであり、買いサインを表します。

ローソク足の2本目と3本目に上髭が出現した場合には、赤三兵(あかさんぺい)よりも上昇の力が弱っている状況をあらわします。

 

赤三線思案星(あかさんせんしあんせい)

ローソク足の2本目が大陽線で、ローソク足の3本が極線(コマ)のときは、上昇の力が失われているため、買いのポジションを持っている場合は一旦、利益を確定するのがいいということを表します。

 

黒三兵(三羽烏)(くろさんぺい さんばがらす)

ローソク足が3本続けて、前のローソク足の安値を下回った状態であり、三羽烏(さんばがらす)とも呼ばれるローソク足のパターンであり、売りのサインを表しています。

天井付近でこのローソク足パターンが出現した場合には、上昇トレンドが終了し、下降トレンドに転換したことを表すサインと判断できます。

 

坊主三羽(ぼうずさんば)

ローソク足3本が陰線を続けて、3本ともに下髭がない陰線となるローソク足パターンのことであり、売りサインを表します。

このローソク足パターンがチャート上に現れた場合は、今後、相場が大きく下落することを表すとされています。

 

同時三羽(どうじざんば)

ローソク足の1本目の終値と、ローソク足の2本目の始値、ローソク足の2本目の終値と次のローソク足の始値が同じとなる3本の陰線になるローソク足のパターンのことであり、売りのサインを表します。

 

三兵(さんぺい)のローソク足パターンはほぼ全ての銘柄で出現します。

一番多く出ることのあるローソク足パターンかもしれません。

 

その為、オススメの海外FXブローカーは、ボーナスがよく配布されているところが良いでしょう。

ボーナスが多いと、証拠金として使える資産が多くなります。

その為、このローソク足のパターンが出る度にエントリーして、もし失敗しても、その分ボーナスがありますので、損失が少なくなります。

 

ボーナスをよく配布している海外FXブローカーは以下の2つです。

 

GemForex(ゲムフォレックス)は、かなり頻度が高い100%入金ボーナスが配布されています。

毎年年末には200%入金ボーナスなども配布されております。

ある一定の金額のトレードを行うと、ジャックポットチャンスという1000%の証拠金をプレゼントされるお得なイベントが毎日開催されています。

GemForexの口座開設はこちら

 

FXGT(エフエックスジーティー)は、頻度は少ないですが、100%入金ボーナスや口座間で証拠金を移動させるだけで30%などの入金ボーナスが付与される特殊な入金ボーナスをよく開催しています。

暗号通貨特化のFXGT(エフエックスジーティー)と思われがちですが、最近はその他の銘柄のスプレッドなどを狭くするなど、全体的に改善されていっている海外FXブローカーです。

FXGTの口座開設はこちら

 

 

酒田五法「三法(さんぽう)」

相場には「買い・売り・休み」の3つがある、ということを教えてくれるのが、この三法(さんぽう)という考え方です。

 

この三法(さんぽう)は、他の4つに「酒田五法」比べ、難しい言葉となります。

投資用語の中には「休むも相場」というものがあるように、高値や安値を抜けてトレンドが上昇なのか下降なのかが、はっきりするまでは休むことが重要です。ということを表しています。

 

三法(さんぽう)は、大きな陽線か陰線が出現したあと、その陽線や陰線の価格の間で売買がしばらくの間か連続したローソク足のパターンとなります。

 

上放れ三法(うわばなれさんぽう)

ローソク足の2本目の陽線のあとに、一つ前のローソク足の終値よりも始値が高く、更にローソク足の1本目と2本目の窓を埋めた陰線が出た場合のローソク足のパターンであり、このローソク足パターンが表示された場合は、「上昇トレンドか下降トレンドがはっきり決まるまではお休みをしなさい」というサインを表します。

 

上げ三法(あげさんぽう)

上昇トレンドの局面で大陽線のあとに小さなローソク足3本の陰線が続き、その後に上髭が無い大陽線が出たローソク足のパターンとなり、このローソク足パターンが表示された場合は、「上昇トレンドか下降トレンドがはっきり決まるまではお休みをしなさい」というサインを表します。

 

 

下放れ三法(したばなれさんぽう)

ローソク足2本が陰線のあとに一つ前のローソク足の終値よりも高く低く、ローソク足の1本目と2本目の窓(空)を埋めた陽線が出たローソク足パターンのことであり、このローソク足パターンが表示された場合は、「上昇トレンドか下降トレンドがはっきり決まるまではお休みをしなさい」というサインを表します。

 

下げ三法(さげさんぽう)

下降トレンドの局面で大陰線のあとに小さなローソク足3本の陽線が続けて現れて、下髭が無い大陰線が出たローソク足のパターンのことであり、このローソク足パターンが表示された場合は、「上昇トレンドか下降トレンドがはっきり決まるまではお休みをしなさい」というサインを表します。

 

酒田五法の使い方(まとめ)

「酒田五法」の5つの法則についてご紹介してきました。

ご紹介前にもお伝えしましたとおり、全てのパターンを覚えることは困難ではありますが、此のローソク足のパターンは酒田五法の中に当てはまるかも?と考えつくことが重要です。

 

考えついてしまえば、本サイトを参考にして、「酒田五法」のローソク足パターンに合致した場合は、その考えに従うことで、しっかりとした理由を持った状態で相場に向き合うことが可能となります。

 

 

是非、本サイトをブックマークに入れて、いつでも振り返りが出来るように閲覧することをオススメいたします。

 

 

Exnessの口座開設はこちら

FXGTの口座開設はこちら

GemForexの口座開設はこちら

easyMarketsの口座開設はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました