GemForex(ゲムフォレックス) vs Exness(エクスネス) 暗号通貨

Exness

皆さん、暗号通貨はご存知でしょうか?

仮想通貨なら知ってるけど暗号通貨って何?と言う方もいらっしゃると思います。

 

暗号通貨とは、仮想通貨から名称変更されたもので、全く同じものです。

 

2019年3月15日から、日本ではそれまで呼ばれていた「仮想通貨」という名称から国際標準となる「暗号通貨」に名称変更され、一般的には暗号通貨と呼ばれるようになりました。

 

暗号通貨とは、インターネット上だけで取引がされる電子データでの通貨となります。

有名な暗号通貨といえばビットコインで、これについてはテレビ番組でも取り上げられることもあるほど有名です。

 

暗号通貨は為替などの銘柄と違い、24時間365日止まることなく取引が出来ることもあり、今までの為替などの土日は休みなどと違い、休むことなく値動きがあるものとなります。

更に、値動きは為替などのように静かなものではなく、かなりボラリティがあり、暗号通貨の銘柄にもよりますが、一瞬で何倍、何十倍、何百倍などなどの動きをするときもあります。

もちろん反対に、何分の一、何十分の一、何百分の一のように暴騰もすれば暴落もする、うまく取引をすれば大きな利益を残すことも出来る反面、一歩間違えば大きなマイナスを負う可能性もあります。

 

そのような暗号通貨を取引出来るブローカーは日本国内に限らず海外も含めたくさんあります。

 

今回は、GemForex(ゲムフォレックス)とExness(エクスネス)において、暗号通貨について比較を行います。

 

暗号通貨を取引するのであれば、どちらのブローカーが良いのかを本記事をご覧いただき、ご検討ください。

 

Exness(エクスネス)の暗号通貨について

Exness(エクスネス)の暗号通貨についてご紹介します。

 

Exness(エクスネス)で取引出来る暗号通貨は7種類

 

Exness(エクスネス)では現在7種類の暗号通貨を取引可能です。

 

・BTCUSD

・BTCKRW

・BTCJPY

・LTCUSD

・ETHUSD

・XRPUSD

・BCHUSD

 

有名な暗号通貨はカバーされていますが、本当に有名なものしか取引が出来ないので、もっと他の暗号通貨も取引出来るようにしてくれたら良いと思います。

 

Exness(エクスネス)の暗号通貨のロットとレバレッジ

Exness(エクスネス)で取引出来る7種類の暗号通貨のロットとレバレッジの表は以下の通りです。

銘柄名 最小ロット 最大ロット レバレッジ
BTCUSD 0.01 20 200
BTCKRW 0.01 20 200
BTCJPY 0.01 20 200
LTCUSD 0.1 20 200
ETHUSD 0.1 20 200
XRPUSD 10 2000 200
BCHUSD 0.1 20 200

レバレッジは以前まで最大100倍でしたが、2021年4月26日より最大レバレッジが引き上げられ、200倍まで取引が可能となりました。

 

海外FXブローカーによっては、最大レバレッジが500倍という所もありますが、日本国内の暗号通貨を取引出来るブローカーは最大レバレッジがほぼ2倍となりましたので、それに比べるとかなり優遇されています。

 

 

Exness(エクスネス)の暗号通貨のスワップについて(スワップフリー)

スワップとは、2つの通貨を交換するときに発生する金利差調整分のことを言います。

各FXブローカー、そして各銘柄のロングポジション保有時とショートポジション保有時によって異なります。

スワップが発生する時間もそれぞれ異なり、事前に調べておくことが重要です。

 

スワップは日々変動しており、高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売る場合は、その金利差分をスワップとして受け取ることが出来ます。

 

もちろん逆もあり、低金利の通貨を買い、高金利の通貨を売る場合には、金利差分をスワップとして支払う必要があります。

 

暗号通貨の場合、ほぼ全てのブローカーでマイナスのスワップが発生し、買っても売ってもスワップ発生時間にポジションを持っていた場合には、支払いが発生し、長期間持てば持つほどマイナスが積み重なっていくことになります。

 

その為、そのマイナス分を加味した値幅を取る必要があり、更にポジションが思わぬ方向に逆行し、保有を続けてる場合には、そのマイナスがどんどん積み重なり、スワップにより資産が削られるという難点があります。

 

Exness(エクスネス)では、この暗号通貨に対してスワップが発生しません。

どんなに長期間保有していてもスワップが発生しないということは、1日、1ヶ月、1年、更に長期間を保有して1ビットコインが1,000万円になるのとゆっくりと待つことも可能ということになります。

 

暗号通貨のスワップが、日本も海外も含めてほぼすべてのブローカーが、マイナススワップを採用しています。

これは、ロングでもショートでも同じです。

 

つまり、ポジションを長く持てば持つほど不利な状況ということになります。

もちろん、現物を保有しているのであれば、これは適用されませんが、レバレッジを掛けたFXでの取引の場合、そうはいかず、常にマイナスの恐怖と戦い続けるしかありません。

 

Exness(エクスネス)はスワップポイントフリーと大変素晴らしい、画期的なシステムであり、これからの暗号通貨の取引を活発化してくれる有効な方法であると考えております。

全ブローカー採用をして頂けると、暗号通貨の益々の発展が期待できるでしょう。

 

 

 

 

 

 

GemForex(ゲムフォレックス)の暗号通貨について

 

GemForex(ゲムフォレックス)では、暗号通貨の取引は出来ません!!!

 

昨今の暗号通貨の大躍進を考えると、暗号通貨を取引出来ることはブローカーとしてはデフォルトのような気がしますが、GemForex(ゲムフォレックス)では取引できません。

 

2021年4月現在の話ですので、今後、取引が出来るようになるかもしれませんが、現段階で取引出来ないということは今後も取引出来るようにしようとは考えていないかもしれません。

 

まとめ

GemForex(ゲムフォレックス)とExness(エクスネス)の暗号通貨についての比較を行いました。

 

最初から結果は分かっていたのですが、GemForex(ゲムフォレックス)は暗号通貨を取引出来ませんので、暗号通貨を取引するのであればExness(エクスネス)一択ということになります。

 

Exness(エクスネス)では、取引出来る暗号通貨の種類は少ないですが、2021年4月26日より最大レバレッジが200倍と変更となり、レバレッジを効かせた取引に拍車がかかるでしょう。

 

スワップフリーという世界のFXブローカーの中でもかなり稀な機能を搭載していることにより、長期的にみたスイング取引も安心で可能であり、暗号通貨を取引するのであれば、Exness(エクスネス)一択ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました