PlusMarkets(プラスマーケット) vs FXGT(エフエックスジーティー) vs FXByond(エフエックスビヨンド) 暗号通貨のスワップ比較

各種比較

この1年間でかなりの上下運動をしている暗号通貨たち。

 

その暗号通貨を取引出来る海外FXブローカーは多岐に渡ることは皆さんご存知のことと思います。

では、暗号通貨を取引するならどのブローカーが良いのか?

 

今回はそれらをスワップポイントから比較を行います。

 

比較を行うのは以下の海外FXブローカーとなります。

 

  • PlusMarkets(プラスマーケット)
  • FXGT(エフエックスジーティー)
  • FXByond(エフエックスビヨンド)

 

皆さん、是非本記事を最後までご覧の上、お好きな海外FXブローカーをご利用ください。

 

PlusMarketsの口座開設はこちら

FXGTの口座開設はこちら

FX Beyondの口座開設はこちら

 

比較を行う前提条件

今回比較を行う海外FXブローカーは以下の3ブローカーとする。

  • PlusMarkets(プラスマーケット)
  • FXGT(エフエックスジーティー)
  • FXByond(エフエックスビヨンド)

 

それぞれの取り扱いが出来る暗号通貨の銘柄に違いがあるので、今回は全てのブローカーに共通する暗号通貨のみで比較を行う。つまり以下の暗号通貨のみとする。

 

  • BTCUSD
  • ETHUSD
  • LTCUSD

 

 

 

(比較1)各暗号通貨の取引条件について

まず、各ブローカーごとの暗号通貨別の取引条件を比較します。

 

 

PlusMarkets(プラスマーケット) 取引条件

以下がPlusMarkets(プラスマーケット)の取引条件からの抜粋です。

BTCUSD

ストップレベル 2000
ロングスワップ -0.02%
ショートスワップ -0.02%

 

ETHUSD

ストップレベル 2000
ロングスワップ -0.02%
ショートスワップ -0.02%

 

LTCUSD

ストップレベル 200
ロングスワップ -0.02%
ショートスワップ -0.02%

PlusMarketsの口座開設はこちら

 

FXGT(エフエックスジーティー) 取引条件

以下がFXGT(エフエックスジーティー)の取引条件からの抜粋です。

BTCUSD

ストップレベル 720
ロングスワップ -0.0085%
ショートスワップ -0.01%

 

ETHUSD

ストップレベル 44
ロングスワップ -0.0111%
ショートスワップ -0.0101%

 

LTCUSD

ストップレベル 396
ロングスワップ -0.01%
ショートスワップ -0.0105%

FXGTの口座開設はこちら

 

 

FXByond(エフエックスビヨンド) 取引条件

以下がFXByond(エフエックスビヨンド)の取引条件からの抜粋です。

BTCUSD

ストップレベル 100
ロングスワップ -0.000387%
ショートスワップ -0.000387%

 

ETHUSD

ストップレベル 100
ロングスワップ -0.000504%
ショートスワップ -0.000504%

LTCUSD

ストップレベル 100
ロングスワップ -0.001934%
ショートスワップ  -0.001934%

FX Beyondの口座開設はこちら

 

各ブローカーのスワップの比較

以下のグラフをご覧ください。

これは、BTCUSDのロングスワップとショートスワップの数値をグラフ化したものです。

 

数値のまま情報を見ると、%表示をされているため、視覚的にわかりにくいため、グラフを作成しました。

 

 

基本的に暗号通貨は国内外問わず全てのブローカーでスワップがプラスのものはありません。

 

マイナスが大きい数値であるほど、スワップ発生時に必要な金額が大きくなるということになります。

 

PlusMarkets(プラスマーケット)の数値がかなり大きいことがわかります。

逆にFXGT(エフエックスジーティー)はちょうど真ん中、FXByond(エフエックスビヨンド)に至っては、ほぼスワップポイントが0に近いということがわかります。

 

具体的に数値で計算してみましょう。

 

BTCUSDのロングスワップポイントは、

  • PlusMarkets(プラスマーケット):-0.02
  • FXGT(エフエックスジーティー):-0.0085
  • FXByond(エフエックスビヨンド):-0.000387

となりますので、

 

-0.02/-0.000387=51.67958656330749

 

つまり、FXByond(エフエックスビヨンド)は、PlusMarkets(プラスマーケット)の約52分の1のスワップしか掛からないということがわかります。

 

 

これは長期でポジションを持つ場合、どれほどの差が出るかは説明しなくてもわかると思います。

 

 

まとめ

以上で

 

  • PlusMarkets(プラスマーケット)
  • FXGT(エフエックスジーティー)
  • FXByond(エフエックスビヨンド)

の3ブローカーの暗号通貨でのスワップポイントでの比較を終了します。

 

それぞれ単独でブローカーを使用した場合ではわからないことです。

仕様の部分を見てしっかり理解している人は少ないでしょう。

 

登録をして使って見て、スワップを取られても、金額だけではわかりにくいことです。

 

でも、実際に数値として比較を行うとこれほどの違いがあります。

 

 

今回の3社のブローカーをスワップポイントでランク付けを行うと、

 

1位:FXByond(エフエックスビヨンド)

FX Beyondの口座開設はこちら

 

 

2位:FXGT(エフエックスジーティー)

FXGTの口座開設はこちら

 

 

3位:PlusMarkets(プラスマーケット)

PlusMarketsの口座開設はこちら

 

 

 

となります。

 

是非、余剰資金でトレードを行い、ボラリティのある暗号通貨で利益を積み重ねていきましょう。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました