VPSをお得に使うならこの海外FXブローカーを使いましょう

各種比較

はじめに

みなさんおはようございます。こんにちは。こんばんは。

寒さが一段ときつくなり、あれだけ嫌だった夏が待ち遠しくなる季節ですね。

新型コロナウイルスについても、オミクロン株が猛威を振るい、世界中で予断を許さない状況が続いております。

最初は嫌だったマスク生活も段々と慣れて、今では逆にマスクを付けずに外出することが出来なくなりました。

新型コロナウイルスを根絶するためには、皆さん一人ひとりの感染対策が非常に有効です。

気をつけて毎日行動しましょう。

 

早速ですが、今回は「VPSを使うならどこの海外FXブローカーが良いのか?」という記事となります。

自動売買などでお世話になるExpertAdviser(エキスパートアドバイザー)、通称EAを使う場合、自分のパソコンを24時間稼働させて動作させることも可能ですが、やはり停電やネットワークの不調などなどの理由により、思わぬ動作をしてしまう場合もあります。

 

VPSを借りれば、そのような問題も全て解決してくれます。

 

本記事をしっかりご確認いただき、VPSをどこで借りるのがお得かご参考にしてください。

なお、海外FXブローカーで借りることの出来るVPSのみをご紹介しておりますので、ご了承ください。

 

FX取引を行う人の特徴

FX取引を行う人には大きく分けて2つに分類されます。

・手動で取引を行う人

・自動で取引を行う人

 

FX取引を始めた方のほとんどが手動で取引を行う人だと思います。

もしかしたら、一切手動で取引を行ったことのない自動売買のみしか知らない人もいるかもしれませんが、FXの仕組みを覚えるうえでは手動の取引を行うことは大変勉強になります。

 

自分のトレード手法というものがしっかり固まっており、それらを言語化、つまりどういう時にエントリーを行い、どういう時に利益確定や損切りを行うかしっかり文章化出来る人は実は自動売買の方が向いています。

自動売買のメリット

自動売買のメリットはその名の通り、自動で売買をしてくれることです。

24時間休まず動作し、人では出来ないリアルタイムな計算を元にどんどんポジションを持って利確・決済を繰り返してくれます。

 

手動で取引を行う場合、一番のデメリットはやはりメンタルになります。

人間どのように訓練をしたとしても、実際のお金が絡むと欲が出たりします。

含み損がある場合は、損切りをしなくてはいけない場合でも損をしたくないという気持ちの為に損切りを躊躇してしまい、大きな損失を被るという場合もあります。

 

その点、自動売買はその人間の欠点である部分を完全に無視をして、機械的に判断してくれるのです。

 

コツコツドカンという言葉は聞いたことがある人も多いと思います。

 

コツコツ利益を重ねていっていたのに、ある日のエントリーで自分の思惑と違う動きをしたせいで、含み損になってしまったとします。

そんな時、人間が手動で取引をしている場合、なんとか取り戻そう。と思ってしまうのが普通です。

そのせいで、無茶なナンピンや大きなロットでの取引をしてしまい、今までの利益がなくなってしまうことです。

 

このような問題点を解決する最善の策はやはり自動売買一択と言って良いでしょう。

 

VPSとは

VPSとは、「Virtual Private Server」の頭文字を取ったもので、日本語で言うと、仮想専用サーバといいます。

VPSの詳しい説明はサーチエンジンで検索をすれば大量に出てきますので、省略させて頂きますが、簡単に言いますと、自分の家に用意したサーバではなく、インターネット上に用意されたサーバとなります。

 

このVPSのメリットとしては、基本的に24時間365日ノンストップで稼働出来るので、エキスパートアドバイザー(EA)を動かすことにとても重宝するのです。

 

もし、自分の家のパソコンを起動してEAを動かした場合、停電・災害・予期せぬエラーなどでEAが停止し、場合によっては証拠金が全てゼロカされてしまう・・・ということもあり得るわけです。

 

しかし、VPSを使うことにより、年中無休で稼働をしてくれて、そのサーバ自体は災害などに強い強固な建物に設置されていますので、大変安定且つ安全にノンストップ稼働が可能となっております。

VPSを使っていれば防ぐことの出来た損失例

 

例1:自分のパソコンでEAを稼働していた場合

Aさんは自宅のパソコンでEAを稼働していました。

ある日、出張中に自宅のパソコンの不具合により、自宅のパソコンがネットワークから遮断されてしまいました。どうやらパソコンがフリーズしてしまったようです。

この障害に気付いてすぐに、急いでEAが接続しているブローカーのポジション状況を確認したら、EAが問題なく稼働をしていれば損切りをしていたはずのポジションが、パソコンの不具合によりEAが正常に動作しておらず、そのまま証拠金を全て失いゼロカットをされていた。

 

もし、自宅のパソコンではなく、VPSを使用していればこの例は防ぐことができました。

 

 

例2:職場のパソコンで隠れてEAを稼働していた場合

Aさんは職場のパソコンで隠れてEAを稼働していました。

ある日、社内のネットワークで業務に関係の無い不正な作業をしている人がいるとして、調査が入り、Aさんが犯人だと突き止められました。

Aさんは懲戒免職でクビとなりました。

 

もし、職場のパソコンではなく、VPSを使用していればこの例は防ぐことができました。

 

 

 

VPSとは、職場でも自宅でも無い場所で24時間365日稼働をしてくれるものです。

自宅や職場のパソコンでは、様々な理由によりその稼働が保証出来るものではありません。

EAを稼働させるということは、止まってしまった時の対応も含めて全てのトラブルを未然に想定をしておかなければなりません。

VPSを借りれる海外FXブローカー

本サイトでご紹介している海外FXブローカーでVPS提供の有無は以下の通りです。

海外FXブローカー名 VPSの提供
CryptoGT(クリプトジーティー) 無し
easyMarkets(イージーマーケッツ) 無し
Exness(エクスネス) 有り
FxBeyond(エフエックスビヨンド) 無し
FXGT(エフエックスジーティー) 有り
Gem Forex(ゲムフォレックス) 有り
Milton Markets(ミルトンマーケッツ) 無し
Plus Markets(プラスマーケット) 無し
Three Trader(スリートレーダー) 無し

 

では、VPSの提供が有りである海外FXブローカーの利用条件を確認してみましょう。

 

Exness(エクスネス)のVPS利用条件

 

1. USD 500以上の入金(または口座通貨で同等額)を行っていること

これは、過去に500ドル以上の入金をしたことがあればクリアです。

入金額の合計となりますので、入金出金を繰り返していても、合計入金額が500ドルを超えていれば問題ありません。

 

2. 申し込み時に余剰証拠金をUSD 100以上保有していること

これは、無料VPSホスティングを申し込みする際に、どこのExness(エクスネス)で開設しているどの口座でも構わないので、100ドル以上の残高があればクリアです。

ドル換算ですので、もし、円口座で運用している場合は、1ドルが105円であれば、105*100=10,500円が口座内にあれば問題ありません。

ドルの価格が上がることも視野に入れて、少し多めにいれておけば安心でしょう。

 

3.USD 100の余剰証拠金が利用期間中常に口座にあること

これは、無料VPSホスティングの申込みをして、無料VPSホスティングを使用する間は、常に100ドル以上を口座に入れておく必要があるということです。

これは、申込み時~実際に使えるようになるまでも対象となります。

つまり、申込みをして、実際に使えるようになるまでに、残高が100ドルを下回った場合は、キャンセル扱いになり使用自体が出来なくなります。

 

以上の3つが無料VPSホスティングを利用するための条件であり、1と2が申し込みを行う際に必要な条件となります。

 

ここからは注意事項です。

VPSと連携した口座のアイドル状態(つまり取引アクティビティがない状態)が14日間連続した場合、中断の通知がメールで送信されます。 さらに2日間取引アクティビティがない場合、お客様のVPSの利用は中止されます。VPSに保存された情報は消去され、復元できなくなります。

Exnessの口座開設はこちら

 

 

GemForex(ゲムフォレックス)のVPS利用条件

 

最低口座残高 500,000円(5,000USD)以上
※ボーナス額は含まれません。
※VPS無料サービスのご利用にあたり、同じメールアドレスでご登録された他の取引口座も合算して計算致します。
※当サービスの利用条件は、毎月6日12時(非営業日の場合は翌営業日)に処理させて頂きます。
※上記の条件を満たさないお客様でも、月々$28の手数料でGemForex MT4/MT5 VPS サービスをお申込み頂けます。円建て口座の場合、当日のレートにて円換算となります。

GemForexの口座開設はこちら

 

まとめ

海外FXブローカーの中にはVPSを借りれるところもあることがわかりました。

しかし、完全無料ではなく、少し条件もあります。

 

本サイトでご紹介している海外FXブローカーのうち、VPSを借りることの出来るブローカーは、

・Exness(エクスネス)

・GemForex(ゲムフォレックス)

ですが、GemForexは口座残高が50万円以上無くてはいけないという、少額資産のトレーダーには厳しい条件です。

 

一方、Exness(エクスネス)については、かなり緩めの条件となっておりますので、継続的にVPSを借りることも可能です。

 

EAを動かすときに必要なVPSは、自身のパソコンでも可能ではありますが、安定した稼働を求める為にはVPSは必須条件と言って良いです。

 

本サイトとしましては、Exness(エクスネス)をご推奨します。

 

Exnessの口座開設はこちら

GemForexの口座開設はこちら

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました